【開封レビュー】ASUS Chromebook C300MA-BLACK

ネットの情報だけで実物を見ないで買ってしまったので、不安な気持ちがうっすらと残っていましたが、ブツが届いたので早速開封レビュー。

それにしても箱を開ける瞬間のワクワク感は、いつ味わってもいいもんだ。

“Chromebook Flip”の発売を待たずに”C300MA-BLACK”を選んだ4つの理由

スポンサーリンク
アドセンス広告レクタングル大

開封レビュー

梱包箱

デザインとか配色はGood。見た目OK。

kaifu-1       kaifu-2

上ブタをあけると、

kaifu-4

シートに包まれた本体の下に、ACアダプタやユーザーマニュアルなどの付属品が入ってます。

本体(正面、裏面)

続いて本体の外側。BLACKボディーの表面はヘアライン加工のようなデザイン。

kaifu-5

底面には”PCリサイクルマーク”。

kaifu-11

”底に何か特徴でもあるのか?!”

いえ別に。いたって普通の底面でしたw

本体(側面:向かって右側)

USB2.0のポートと南京錠のマークがセキュリティースロット。

kaifu-5-1

セキュリティースロットには、Kensington互換ノートパソコンセキュリティー製品を取り付けられる。

本体(側面:向かって左側)

電源入力ポート、バッテリーインジケータのLED、HDMIポート、USB3.0ポート、メモリカードリーダー(MMC/SDカード)、ヘッドホンとマイクのコンボジャックがある。

kaifu5-2

USB3.0は最大5Gbpsのデータ転送、USB2.0との互換性があります。C300MAはUSB Charger+機能に対応。今度USB3.0の外付けHDDなどで動作確認してみます。

ACアダプター

意外とデカいな、という印象。ノートPCとしてみれば小さいんですが。

kaifu-12

厚みも500円玉の直径ぐらいあります。

プラグが飛び出したままなので、贅沢をいえば収納できるタイプにしてほしかった。

キーボードとタッチパッド

キーボードのキーは光らないけどタッチ感はまずまず。

タッチパッドはその大きさが目立ちますが、こちらも感度良好。

kaifu-6

ファンクションキーは、ウェブブラウジングを効率よくするための専用キーになっています

液晶画面

kaifu-10-crop

左側はXperia Tablet Z。右側Chromebook C300MAはノングレア液晶です。

液晶はお世辞にもキレイとはいえません。唯一残念なところ。

と、いうことで

総評すると、いつもの衝動買いして失敗するパターンとは違い、このChromebookは思ったより安っぽくなくていい買い物をしたと思います。

これから拡張機能やアプリを入れれば、優秀なセカンドPCに育ってくれそうで期待大!

1ヵ月しか使ってないけどASUS Chromebook C300MA-Blackの良し悪しまとめ

スポンサーリンク
アドセンス広告レクタングル大
アドセンス広告レクタングル大

シェアしてみる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加