Chromeで複数のページを連続表示できる”AutoPagerize”をいれてみた

ap-0

ニュースサイトなどに多い、複数のページに記事をわけているサイト。

項目や”章”ごとで複数のページにわけているので仕方がないのかもですが、やっぱり次のページを読むためにクリックして、画面の更新を待つのは少し億劫。

この拡張機能を追加すると複数のページを自動で連結して、スクロールするだけで最後まで読み進めることができる。

スポンサーリンク
アドセンス広告レクタングル大

インストール

いつものようにChromeウェブストアからダウンロード。

ap-1

更新日が2014年10月4日というのが少し気になるけど・・・

まぁ、気にしないで”追加”。

ap-2

”Ap”アイコンで利用できるかどうかがわかる。

ap-3

設定

”ツール”→”拡張機能”で、有効/無効の切り替えやアンインストールができる。

それ以外はデフォルトで使っています。

ap-6

設定の切り替えは、ツールバーのアイコンからも可能。

ap-7

Googleの検索結果がおかしくなる時の対処方法

検索結果の2ページ目以降の表示がおかしくなることがあります。

例えば最初に検索ワード”A”を検索した後に、続けて”B”を入力して、”A B”と検索すると、1ページ目は”A B”の検索結果が返ってくるのですが、2ページ目以降は”A”の結果しか読み込みません。

これはGoogleのインスタント検索を有効にしていると起こります。(デフォルトはON)

インスタント検索というのは、検索欄に文字を打ち込むと”検索ボタン”を押さなくてもリアルタイムで検索する機能です。

Google 検索の設定でインスタント検索をオフにする

Google 検索の設定へアクセス。

”Google インスタント検索の予測”を、”インスタント検索の結果は表示しない”にする。

ap-5

次に、”保存”→”OK”で完了。

ap-9

Chromeをリロードすれば反映されます。

と、いうことで

これで複数のページで書かれているニュース記事やブログ記事、Google検索も連続してチェックすることができます。

”Google Auto Next Page”や”AutoPatchWork”も試してみましたが、今のところ差が無いように感じているので、まずはGoogle以外のサイトにも対応している”AutoPagerize”をしばらく使うことにします。

スポンサーリンク
アドセンス広告レクタングル大
アドセンス広告レクタングル大

シェアしてみる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加