Chromebookユーザーに朗報!Google Chrome版のLINEウェブアプリを入れてみた

line-0

Chrome版LINEは”ウェブアプリ”なので、1度アプリを”Google Chrome”にインストールしておけば、Googleアカウントのログインだけで追加のインストールや設定が必要ない。

なので、どのPCからでもLINEをすることができるのが特徴です。

スポンサーリンク
アドセンス広告レクタングル大

インストール前の準備をする

AndroidスマートフォンのLINEアプリのアカウントを確認する。

LINEアプリを立ち上げて、”その他”→”設定”をタップ。

line9

”アカウント”をタップして、②の”ログイン許可”にチェックをいれる。

ここにチェックをいれておかないとChrome版LINEにログインできない。

使わない時はアカウント乗っ取り防止のため、この”ログイン許可”のチェックは外しておいたほうがいいのかもしれません。

line10line-11

①のメールアドレスの登録、このとき未登録だったことに気づいたので登録しておきました。

スマホの機種変更やデータの引継ぎ用途、他の端末でLINEをする場合のログイン認証にも使います。

アプリをインストールする

ChromeのウェブストアからLINEアプリをインストールする。

”CHROMEに追加”をクリック。

line1

追加。

line2

アプリ一覧に”LINE”が追加されました。

line3

アプリにログインする

Chrome版LINEアプリを立ち上げるとログイン画面が表示される。

準備編で登録したメールアドレスとパスワードでもログインできるけど、今回はQRコードを使ってみた。

”QRコードでログイン>”をクリック。

line4

QRコードをスマホのLINEアプリで読み込ませる。

QRコードはタイマー設定されているので、下記のようなときは真ん中の緑の○をクリックして再表示させる。

line6

わからない場合は”QRコードログインの方法”をクリックすると、

line5

丁寧な説明がでます。

QRコードの読み込みに成功すると、スマホにLINEが飛んできます。

line13

これで、ChromeでLINEが使えるようになります。

line7

スマホには、ログイン履歴が残ります。

line92

Chrome版LINEを使い終わったらログアウトしましょう。

line8

”できること”と”できないこと”

できること

  • トーク、グループトーク(メッセージ)の送受信
  • 画像やファイルの送受信(動画、音声データやPDFなども可)
  • 画像のキャプチャ
  • スマートフォン版でダウンロードしたスタンプの利用(*アニメーションは動かない)
  • グループ作成
  • ID検索で友だち追加
  • LINEメモ

できないこと

  • 音声/ビデオ通話/LINE電話
  • 画像の編集(共有、コピー、回転、拡大縮小)
  • 絵文字の送受信
  • タイムライン、ノート、アルバム機能
  • アカウントの新規作成
  • スタンプショップ、着せ替えショップの利用
  • 自動ログイン

と、いうことで

自動ログイン機能がまだないので、Chrome版LINEにログインするたびにスマホ側へ通知が届く。それから新しいデバイスで初めてログインするときは、スマホ版LINEを使った本人確認が必要になっている。おそらくアカウントの乗っ取り対策だと思います。

そしてChrome版を利用しないときは、スマホ側で、”ログイン許可”のチェックは外しておくと、これもアカウントの乗っ取り防止になるかもしれません。

上手に使いこなせば、LINEのマルチデバイスが楽しめると思います。

スポンサーリンク
アドセンス広告レクタングル大
アドセンス広告レクタングル大

シェアしてみる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加