Chromeクリーンアップツールで削除対象の怪しいプログラムが見つかる。

cct-0

ブラウジングでGoogle Chromeを使い始めて、確かにいろんな拡張機能やアプリを試すために追加したり削除したりを繰り返していたけど、まさかこんなに早く怪しいプログラムが見つかるとは・・・。

それは突然やってきた。

デスクトップPCで、普段どおりにGoogle Chromeを立ち上げるとすぐに、Chrome画面の右上にある、”Google Chromeの設定”のところから、”異常を検出した”みたいな表示が出てきた。(慌てていたから画面をキャプチャするのを忘れてしまった。)

その時”Chromeクリーンアップツール”を実行するようにとグーグルさんに言われたので、実際にやってみた。

スポンサーリンク
アドセンス広告レクタングル大

Windows版 Chromeクリーンアップ ツール

ダウンロード

Chrome クリーンアップ ツールにアクセス。

今すぐ無料でダウンロード。

cct-1

同意してダウンロード。

cct-2

ダウンロード完了。

cct-3

ツールの実行

あとは実行するだけ。

cct-4

結果

”1件のプログラムが見つかりました”と通告。

vitruvian

全く、これっぽっちも身に覚えがないけど、”Vitruvian”というあまりよろしくないプログラムがあったので、”このプログラムを削除”。

削除を実行すると、設定をリセットしてデフォルトに戻すか聞かれる。

今回は、深いことは考えずにスッキリした方がいいと思ったのでリセットした。

cct-5

ところで、この”Vitruvian”。

何のプログラムかよくわからなかったけど、Chromeのヘルプ、Windows用 クリーンアップ ツールに、ユーザの同意なく設定を変更するものとして認識されるプログラムで、削除対象になっていた。

cct-6

と、いうことで

Chromeヘルプを読むと、Chromeクリーンアップツールは、Windowsパソコン上の不正なソフトや迷惑ソフトが起こす不審な動作が、”Chromeで”検出されたときにダウンロードが促されるみたい。

今回見つかった”Vitruvian”っていうプログラムは、Chromeクリーンアップツールで偶然見つかっただけで、いつどこから入ってきたのかわからない。だからChromeを使う前から居たかもしれない。

とにかくウィルスもスパイウェアも、もっとしっかり自己防衛しなくては。

スポンサーリンク
アドセンス広告レクタングル大

シェアしてみる。

フォローしてみる。

スポンサーリンク
アドセンス広告レクタングル大