Goolge認証システムを使ってアカウントの2段階認証をしてみた

lastpass0

ときどきニュースなどで見かけるアカウントの乗っ取り被害。

自己防衛のためには”2段階認証”が良く使われるので、2つ目の認証システムとして”Google認証システム”を使ってみます。

Google認証システムは、いろいろなアプリやサービスで利用されているので、1回インストール&基本登録をしておけば、後から追加しやすくなるので汎用性が高そうです。

スポンサーリンク
アドセンス広告レクタングル大

Android版”Google認証システム”をインストール

Google Playストアから、

ga-1 ga-2

右側の画像”設定を開始”をクリックすると、アカウントのセキュリティー設定で2段階認証を”オン”にしなさい的なことでお叱りがありましたので、PCからアカウント設定へアクセスします。

Googleアカウントのセキュリティー設定

Googleアカウント管理ページへアクセスする

Google Accountのページ

ga-4

アカウント設定をクリックしたあと、

次のページで”ログインとセキュリティー”をクリック。

ga-5

すると、ログインとセキュリティのページで、

ga-6

2段階認証プロセスが”オフ”になっているので、これを”オン”にする。

2段階認証プロセスの設定

”設定を開始”をクリック。

ga-7

携帯端末の設定

まずは携帯のメールアドレスの設定から。

ga-8

”コードを送信”をクリック。

すると、6桁の”Google確認コード”が飛んできます。

ga-10

携帯端末の確認

先ほどスマホに飛んできた確認コードを入力します。

ga-9

入力し終わったら”確認”をクリック。

信頼できるパソコンを登録

メインPCなど良く使うPCの場合、”このパソコンを信頼できるパソコンとして登録する”にチェックをいれて、

ga-11

次へ。

確認

最後に2段階認証プロセスを有効にするために”確認”をクリックする。

信頼できるパソコン以外からログインする場合は、2段階認証になります。

ga-12

2段階認証プロセスを変更する

このままでも2段階認証できるけど、これはSMSのテキストメッセージで”ワンタイムパスワード”を受け取るタイプ。受け取るには、携帯回線が必要なので、認証”アプリ”に変更して、携帯回線とつながっていなくても認証できるようにしておきます。なので、アプリはWi-Fi専用モデルでも使える。

ga-14

”アプリに切り替え”をクリック。

Androidを選んで次へ。

ga-15

するとQRコードの付いた画面が出てくるので、

ga-16.1

スマホにインストールした認証システムアプリで、このQRコードを読みます。

ga-2 ga-16.2

読み込みに成功すると、

ga-16

6桁の数字が出てくるので、”Google認証システムの設定”画面一番下の、

コードにインプットして”確認して保存”をクリック。

ga-17

”OK”で完了。

メインコードの受け取り方法が、”Google認証システムアプリ”になりました。

ga-18

変更後に、2段階認証が必要なので、Googleアカウントとパスワードを入力。

これが1段階目の認証。

ga-19

次に2段階目の認証。

アプリを立ち上げて、表示されているコードを入力。

ga-20

良く使うパソコンで毎回入力するのはわずらわしいので、②にチェックをいれて”確認”。

と、いうことで

最初の設定はスマホへアプリインストールしたり、登録したりで手間がかかるけど、1度設定すればあとは簡単に使える。

スマホ1つでコード表示と入力をする場面でも、クリップボードにタップ1つでコードをコピーする機能もある。

Googleアカウントも個別に設定できるし、Google以外でもサービスでも使われてる。例えばLastPassやFacebook。

アプリ画面が殺風景でわかりにくいので、もう少し見やすい画面になってほしい。

スポンサーリンク
アドセンス広告レクタングル大

シェアしてみる。

フォローしてみる。

スポンサーリンク
アドセンス広告レクタングル大