【拡張機能】パスワード管理ツール”LastPass”に2段階認証を設定する

lp000

LastPassを入れてから知ったけど、過去に”データベースの一部に不正なアクセス”があったらしい・・・

マスターパスワードは、それなりに強固なものにしておいたけど、さらにもう1段階強めの設定をします。

LastPassは不正アクセスを受けた後、多要素認証(2段階認証)を導入していて、その中にGoogle認証システムも含まれていますので、以前Googleアカウントの2段階認証で入れたGoogle認証システムを使って、LastPassも2段階認証を設定してみます。

【拡張機能】便利すぎるパスワード管理ツール”LastPass”

Goolge認証システムを使ってアカウントの2段階認証をしてみた

スポンサーリンク
アドセンス広告レクタングル大

LastPassの多要素認証を設定

まずはLastPassのアカウント設定を開きます。

Google Chromeを開いて、右上のLastPassのマークをクリック。

次に”設定”をクリックする。

lp-111

設定画面の”アカウント設定”をクリック。

lp-112

赤字の部分”アカウント設定を表示するにはここをクリック”をクリック。

lp-113

”多要素認証”をクリック

lp-11

ここに”Google Authenticator”がありますので、”操作”のところにある鉛筆マークをクリックして次へ。

lp-12

オプションの有効の値が”いいえ”になっているので、ここを”はい”にして、

lp-14

Barcodeの”閲覧”をクリックすると、QRコードが現る。

lp-15

これを、”Google認証システム”のアプリから読み込むと

lp-16

OKを押して設定は完了。

lp-17

Google Authenticatorが”有効”になりました。

LastPassで2段階認証する

設定が終わったら、実際に2段階認証させます。

Google認証システムのコードを入力して、

lp-18

メインPCなど良く使うPCの場合は、”このコンピュータを信頼する”にチェックをいれる。

これでLastPassの2段階認証は完了。

おまけ:パスワード自動生成

LastPassにはパスワードの自動生成機能があります。

lp-19-2

パスワードの長さを変更して、簡単に何度も作成できるので便利です。

カラーバーで強さも表示しているので、視覚的にもわかりやすい。

lp-20-2

と、いうことで

2段階認証していても100%ではないと思いますが、アカウントを乗っ取られるような事に対しては、少しセキュリティー度が高くなったと思う。

LastPass以外のアプリやソフトにも設定します。

参考 【拡張機能】便利すぎるパスワード管理ツール”LastPass”

参考 Goolge認証システムを使ってアカウントの2段階認証をする

スポンサーリンク
アドセンス広告レクタングル大

シェアしてみる。

フォローしてみる。

スポンサーリンク
アドセンス広告レクタングル大