Chromebookのリカバリメディアを作成してみた

先日、持ち前の運の悪さを発揮して、C300MA-BLACKのセットアップでいきなりフリーズを喰らったのもあり、ChromebookもOSの入ったラップトップ型の”パソコン”、いつリカバリが必要になるかわからない。ということで、GoogleのChromebookヘルプセンターを確認してみました。
スポンサーリンク
アドセンス広告レクタングル大

必要なもの

  • トラぶったChromebook本体
  • Google Chromeブラウザがインストールされた別のパソコン(Windows、Macまたは別のChromebook)
  • データを消去しても問題ないSDカードまたはUSBメモリ(4GB以上
  • Chromebookリカバリアプリ
ということで、まずChromebookのリカバリアプリを、予め準備したSDかUSBメモリにいれて、リカバリメディアを作成してから、トラぶったChromebook本体にChrome OSを再インストールします。

リカバリメディア作成方法

  1. 正常に動作するパソコン。*トラぶっているChromebookではない。
  2. 正常に動作するパソコンからChromebookリカバリアプリを開き、画面の指示に従ってリカバリメディアを作成する。
  3. 作成したリカバリメディアを、トラぶったChromebookに挿入する。
  4. 画面の指示に従って操作する。

まずは”Google Chrome”の”ウェブストア”から”Chromebookリカバリユーティリティー”アプリの画面を開きます。

Recovery-1

4GB以上のUSBもしくはSDカードが必要。リストからChromebookのモデルを選択します。

今回は余っていたマイクロSDをSDサイズのアダプタに挿して使いました。

Recovery-2

”Asus Chromebook C300”をリストから選択して”次へ”。

Recovery-3

問題なければ”今すぐ作成”をクリック。

Recovery-6

ダウンロードが完了するまで待ちます。

Recovery-7

完了。

Recovery-8

と、いうことで

当然と言えば当然ですが、Chromebook用のリカバリメディア作成しました。

いつも”マメにリカバリメディアの更新をしなくては”と思うだけで全然やりませんが、今回の出来事で、メインPCもリカバリディスクを作り直しました。

参考 Chromebookヘルプセンター

スポンサーリンク
アドセンス広告レクタングル大
アドセンス広告レクタングル大

シェアしてみる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加