ASUS Chromebook C300MAのタッチパッド操作方法

タッチパッドの大きさも特徴的なChromebook C300MA。(最近のはこれくらいが普通?)
最初に見たときは、キーボード配列の違いの前に、こっちが先に目に留ました。
tp-0

いつもの調子でタッチパッド操作してみると、これがなかなか反応は上々。

パッドサイズが大きいためか、心なしかカーソル移動がスムーズに感じる。見た目にクリックボタンやクリックエリアとの区別はないけど、何も考えずにパッド下部をクリックしたら普通にできちゃいました。
取説には、ちゃんと図解入りでわかりやすい説明が載っているので、実家にあるVAIOのVPCZ239FJ/Bでも同じことをやってみました。
スポンサーリンク
アドセンス広告レクタングル大

指1本の操作

tp-2

カーソルを上下左右にスライドさせる。

これは変わらずポインタの移動のみ。

クリック/タップ、ドラッグ&ドロップ

”クリック”と”タップ”は問題なし。指1本での”ドラッグ&ドロップ”は、うちのVAIOでもできました。
C300MAのタッチパッドは、下半分がクリックできる部分になっているので、そこを”カチッ”とクリック感を出して押しながら、カーソルをスライドさせていけば、”ドラッグ&ドロップ”ができます。
いつもは、左手の親指で左クリックボタン押しながら、右手人差し指でドラッグしているので、指1本の”ドラッグ”って位置の調整がうまく操作できない・・・

指2本の操作

tp-3

画面のスライド

2本そろえてタッチパッドを上下左右させれば、画面を上下にスクロールさせることができます。一旦操作させた方向と反対側へ動かす場合は、度指をタッチパッドから放し、もう一度2本の指でタッチして動かします。

ページの移動

”すばやく左または右方向に2本の指をなぞると、・・・”
特徴的なのはこれ。そうするとアクセスしたことがあるページに移動したり戻ったりすることができます。Chromeブラウザだと左上にある”←”と”→”を押さなくても、これをやれば同じことができます。うちのVAIOでは同じことができませんでした。

クリック/タップ、ドラッグ&ドロップ

2本の指で同時に1クリックすると、マウスの右クリックと同じ動作になる。これ、実家にあるWindows機でも同じことができた。ちなみにChrome上でもIE上でも可能なので、ブラウザに依存しているわけではなさそうですね。(そりゃそうか)
ドラッグ&ドロップはお馴染でいつもお世話になりまくり機能。

指3本

これは、うちのVAIOではできなかった操作。
tp-5

複数開いているタブ間の移動

Chrome上で開いている画面の概要表示。あまりお世話になることはなさそうかな?

と、いうことで

今回、うちのVAIOのタッチパッドでも同じことをやってみたら、タッチパッドってWindows(VAIO?)も意外といろんなことができることがわかった。

Chromebookはキーボードのショートカットキーと同じように特有の操作もあるので、この機会に覚えて操作に慣れておくと便利になりそう。

スポンサーリンク
アドセンス広告レクタングル大

シェアしてみる。

フォローしてみる。

スポンサーリンク
アドセンス広告レクタングル大