エスビットじゃなくてロゴスのポケットタブレットコンロもあり!?

コンパクトストーブ・コンパクトコンロといえば、「エスビット」のポケットストーブが有名で、名前の通りポケットサイズに小さく折りたたんで持ち運べる簡易式コンロのこと。

エスビット以外にも色々なタイプのコンパクトコンロがあるけど、ロゴスのポケットタブレットコンロが気になったので買ってみた。

スポンサーリンク
アドセンス広告レクタングル大

ロゴス ポケットタブレットコンロを選んだ理由

まず何がしたかったって、メスティンでご飯を炊いてみたかった。それも固形燃料で。

それならエスビットでよいのだろうけど、なんかロゴスのコンロの方が、上に乗せるものが

安定しそうに思えたから。

関連 トランギア・メスティンを使う前にやっておくと良いこと2つ

まずはパッケージ。

そーっと値札のシールを剥がしても、見事に失敗(笑)

裏面に説明書き

開梱。

本体フレームと底は折り畳み式で一体になっていて、鍋などを置く蓋の部分とが分かれている。あとポケットタブレットコンロ専用のタブレット形状の固形燃料が4つ付属。

蓋の部分の開口が少し変わった形になっている。

エスビットを使ったことはないけど、蓋があることでこちらの方が安定感はありそう。

本体のフレームに蓋をかぶせる様にして組み立てる仕組み。

ちなみにこのタブレットタイプの固形燃料、あまり良い評判を聞かないので、100均でも売っている青くて丸い固形燃料を使ってみよう。

気になるのは底の穴。

酸素を取り込むために空いているんだと思うけど、溶けた燃料が下にポタポタ垂れそうなので、固形燃料の受け皿としてトランギアのソリッド/ジェルフューエルバーナーを買ってみた。

当然、取説に書いてあるのはトランギア製品とのマッチングのみ。で、ロゴスのポケットストーブの中に入るサイズかどうかはわからない。

一か八かで買ってみれば奇跡のフィット(笑)

横からみるとこんな感じ。

このコンロ、蓋の側面の形状が左右で非対称で、上の写真のように、片側の側面が弓なりのアーチ型のかまど風になっている。この反対側は水平でまっすぐ。

写真左上にちらっとみえてるけど、こちら側はロゴスのマークが逆さま。こういう仕様?

と、いうことで

携帯性はぜんぜん問題なし。モノも特に貧弱な感じもない。

準備は整ったので、あとは実際にメスティンでご飯を炊くだけ!

関連 トランギア・メスティンを使う前にやっておくと良いこと2つ

スポンサーリンク
アドセンス広告レクタングル大

シェアしてみる。

フォローしてみる。

スポンサーリンク
アドセンス広告レクタングル大